東京・埼玉・神奈川など首都圏の遺品整理なら遺品整理ロードにお任せください

通話無料
フリーダイアルのアイコン
0120-536-610受付時間 8:00〜20:00(年中無休)
お問い合わせ

メニュー

お役立ちコラムゴミ屋敷状態の遺品整理について作業事例も踏まえ詳しくご紹介

遺品整理をする家がゴミ屋敷

「ゴミ屋敷」というと、TVで特集されているような特殊な話だと考える人も多いのではないでしょうか。しかし、実は高齢化にともないゴミ屋敷の件数は年々増えていると言われています。環境省が行った全国調査では、自治体が把握しているゴミ屋敷の件数は5年間で5224件にのぼります。通報などがない限りゴミ屋敷の把握は難しいため、実際にはもっと多くのゴミ屋敷が存在していると思われます。
参考:「ごみ屋敷」過去5年間で5200件余 環境省

この記事では、亡くなった親族の家がゴミ屋敷になっていた…と途方に暮れる方に向けて、ゴミ屋敷における遺品整理について、実際の作業事例も踏まえ詳しくご紹介します。

ゴミ屋敷でも遺品整理はできるのか?

亡くなった親族の家がゴミ屋敷になってしまっていた場合、遺品整理をプロにお願いすることはできるのでしょうか。そんなことを疑問に思われる方もいるかもしれませんが、結論からお伝えすると問題なく対応できます。私たちが受ける依頼の中にも、ゴミ屋敷状態の家の遺品整理を頼まれる方は多いです。ただ遺品の量が通常の量より圧倒的に多くなりますので、作業人員が多く必要となること、また処分する遺品の量が多くなることから、その分費用が高くなる傾向があります。

中には、ゴミ屋敷になってしまった家を近所の人に知られたくないなど、なるべく自分で対処しようと考える方もいるかもしれませんが、その場合はきちんとスケジューリングすることが大切です。また、大切な書類や遺品を間違って捨ててしまわないよう、細心の注意が必要なことを頭にいれておきましょう。

遺品整理を遺族だけで行うのは、それだけでも大変なことです。それがゴミ屋敷状態の家(お部屋)であれば、通常の方であれば圧倒的な物量にお手上げ状態になると思われます。そのようなことから、ゴミ屋敷の状態の遺品整理については、無理をせずプロに依頼することをおすすめします。

ということから、ここから先はゴミ屋敷状態の遺品整理をプロに依頼する前提で話を進めます。

ゴミ屋敷の遺品整理の流れ

ゴミ屋敷状態の家(お部屋)の遺品整理を遺品整理行者にお願いする場合の流れや、どのくらい時間がかかるのか気になる方もいるのではないでしょうか。ここでは、実際に私たち遺品整理ロードがゴミ屋敷の遺品整理をおこなう際の流れをご紹介します。

1. お問い合わせやご相談、無料のお見積り依頼

電話(0120-536-610)お問い合わせフォームLINEなどお好きな方法でご連絡いただければ喜んで対応させていただきます。すぐにでも見積もりが欲しいとお考えでしたら、無料お見積もりフォームからご連絡ください。ゴミ屋敷になっているお家について心配な点などもあれば、遠慮なくおっしゃってください。

2. ゴミ屋敷状態の現地にてお見積もり

実際の現場に伺い、スタッフがお部屋を隅々まで確認いたします。お見積りは無料ですので、安心してご依頼ください。

3. ご契約

作業予定日や内容、搬出方法、不用品の処分などについて確認のうえ、ご納得いただければ契約となります。

4. 作業前ミーティング

作業の内容やポジションの選定、ご依頼者の意向などについてミーティングを行い、スタッフ全員が作業の流れを最終確認します。最小限の時間でゴミ屋敷状態のお家の遺品整理をおこなうためには、作業効率を考えた綿密な計画を練ることが欠かせません。

5. 遺品の分別・梱包

目視で一つひとつ丁寧に確認しながら10品目以上に分別。残しておくものに関しては、それぞれの遺品に合わせ適切な梱包をします。大量のゴミの仕分けもこの際におこないます。

6. 遺品の仕分け、貴重品の捜索

大切な書類や金品などの貴重品を見逃さないよう、一つひとつ目を通しながら遺品を細かく仕分けします。プロの目できちんと仕分けることで、ご依頼者から捜索を依頼された貴重品を見つけ出します。

7. 搬出、室内の清掃

ゴミ屋敷の遺品整理が終わったら、綺麗になったお部屋を当社スタッフが心をこめて清掃します。

ゴミ屋敷の遺品整理であっても、基本的には通常の遺品整理と流れは変わりません。遺品整理の作業がすべて終わったのち、不要品に関しては可能な限り当社にてリサイクル原材料、リユース品として販売し、衣類などは社会貢献の一環としてユニセフや海外へ寄贈します。

ゴミ屋敷のオプションサービスにはどのようなものがある?

ゴミ屋敷という特殊な状態から、通常の遺品整理だけでは対処できないことも多くあります。例えば、ゴミ屋敷においてよくあるオプションサービスとしては、以下の3つがあります。

  • 消臭・除菌
  • 害虫駆除
  • 特殊清掃

3つのオプションサービスについて、それぞれ詳しく解説します。

消臭・除菌

家がゴミ屋敷になることで、異臭などのニオイが強くなり、近隣トラブルになってしまうケースがよくあります。長期間にわたって蓄積されたニオイは、市販のスプレーなどで簡単にとることはできません。そのためプロの技術を使って化学的にニオイの元を消臭する必要があります。

私たち遺品整理ロードは、特殊清掃士の資格を取得、日本脱臭協会よりOST技術者認定を受けています。消臭はできても完全に除菌まではできない業者も多いのですが、私たちは長年に渡って培った特殊清掃現場の技術がありますので、除菌と消臭までしっかり対応できるノウハウを蓄積しています。

複合二酸化塩素による消臭・除菌をはじめ、超微粒子で消臭除菌液を噴霧する特殊な装置や、オゾン発生器・脱臭機などを駆使して消臭作業をおこないます。

害虫駆除

ゴミ屋敷では、害虫が発生する条件がそろっています。埃や食べこぼし、生ゴミといった害虫のエサになるものが豊富にありますし、散らかっていて隠れる場所が多いため繁殖しやすいのです。また湿気やカビを好む害虫にとっても、恰好の住処になってしまいます。

まずはしっかりと清掃をおこない、害虫にとっての好条件を断つことがスタートです。そのうえで、現場のケースに合わせて適切な薬剤を使い駆除をすることが大切です。

とにかく薬剤を使ってさっさと駆除を済ませようとする業者などには、注意が必要です。その業者に駆除実績があるかをきちんと確認したうえで、依頼をおこないましょう。またペットの有無についてなど、丁寧なカウンセリングをしてもらえるかどうかも、良い業者か判断の目安になるので頭に入れてくと良いでしょう。

特殊清掃

1人暮らしをされていた家で孤独死などがあった場合には、特殊清掃の必要もでてきます。遺体から出た体液には、血液や排泄物など様々なものが混ざりあっているため、一般的な洗剤では落とすことが出来ません。

また、腐敗により強烈なニオイが出てきてしまうため、ニオイの元を徹底的に洗浄・清掃しなければなりません。このように専門的な技術が必要なため、特殊清掃士の資格を持った専門業者に依頼をしましょう。

一方で、体液や血液をすべて清掃したとしても、床下まで染み込んでしまっている場合が多くあります。この部分を見落とすとニオイが残ることになります。

このような場合、まずは汚染箇所を特定することが重要です。そして、汚染された必要最小限の箇所だけ切り取り、同じ厚さのベニヤ板で補修をすることで、ニオイの元を完全に除去します。こうしてニオイを除去した後に、新たなフローリングを貼ることができます。

私たちロードは家の構造にも詳しいため、フローリングの下地の仕組みから体液の流れ方が分かり、汚染箇所を見つけることが可能です。そのため、汚染箇所を見逃しことがありません。原状回復しやすい解体の仕方についてもアドバイスができますので、お困りの方はぜひご相談ください。

ゴミ屋敷の遺品整理は専門業者にお任せするのがおすすめ

ここまでの内容を読んで、ゴミ屋敷状態の遺品整理はプロに頼んだ方が良い、と感じた方が多いのではないでしょうか。特に家が広い場合や、賃貸物件の退去日が迫っている場合は、遺品整理業者に依頼をすることでご遺族の心身の負担は大幅に軽減されるでしょう。

ゴミ屋敷を前にすると途方にくれてしまう気持ちはとてもわかりますが、大切な遺品をゴミと一緒に捨ててしまうことがないよう、信頼できる遺品整理業者に依頼をしましょう。ゴミ屋敷の中には高価なものや貴重品が眠っているかもしれません。その場での買い取りに対応している業者を選べば、作業費用を予定より安く抑えることも可能です。

ただし、早く片付けてしまいたい思いから悪徳業者に引っかかってしまうことがないよう注意が必要です。事前のカウンセリングが丁寧か、ゴミ屋敷の整理実績が豊富にあるか、「遺品整理士」など資格を有する業者か…といったことを目安にすると良いでしょう。

悪徳業者に引っかからない遺品整理業者の選び方については、別のコラム記事「失敗しない遺品整理業者の選び方 | 遺品整理10年以上のプロが悪質業者に引っかからないポイントを解説」で詳しく解説しているので、合わせてご覧ください。

ロードのゴミ屋敷の遺品整理などの作業事例

東京都小平市にてゴミ屋敷状態のお部屋の遺品整理

「東京都小平市にてゴミ屋敷状態のお部屋の遺品整理」の事例では、遠方に住むお子さまを亡くされたお母さまからのご依頼でした。集合住宅の1人暮らしではご近所との関わりも薄く、ゴミ屋敷になっていても気づかれにくいことが多いです。このケースでも亡くなられたのを機にはじめて部屋に入り、部屋の状態に驚かれていました。 1Kのお部屋をスタッフ5人で約5時間の作業となりました。

東京都大田区にてご自宅の遺品整理・家財撤去作業・簡易清掃

「東京都大田区にてご自宅の遺品整理・家財撤去作業・簡易清掃」の事例では、6LDKと広いご自宅で遺品整理をおこないました。ご依頼者は、しっかりとした遺品整理業者を見極めるために、他業者さまと併せて3社程から現調~お見積りを依頼されていました。その後、何回かの打ち合わせを経て信頼を得ることができ、私たちに依頼をいただけました。丁寧な仕分けの結果、小銭や預金通帳など、たくさんの貴重品を見つけることができました。

東京都練馬区にてゴミ屋敷状態のお部屋の特殊清掃と残置整理

「東京都練馬区にてゴミ屋敷状態のお部屋の特殊清掃と残置整理」の事例では、お問い合わせ時に「汚物あり」とご相談があったため、万全の準備を整えて作業にあたりました。 キッチンや浴室など、汚れの付着が酷い箇所もありましたが、プロの技術で丁寧にクリーニングをおこないました。清掃ののち、ニオイ取りや除菌も万全におこない、最後は見違えるほど綺麗になりました。 4LDK戸建ての台所から居間、浴槽、トイレまでぎっしりとゴミが詰まっている状態だったため、スタッフ8名で2日ががりの作業となりました。

東京都江東区にて孤独死が発生したゴミ屋敷状態のお部屋の特殊清掃と遺品整理

「東京都江東区にて孤独死が発生したゴミ屋敷状態のお部屋の特殊清掃と遺品整理」の事例では、孤独死が発生したお部屋での遺品整理をおこないました。かなりニオイも発生していたため、近隣からのクレームを避けるためにも、その場で出来る限り特殊清掃とオゾン脱臭をさせていただきました。 その後改めて遺品整理と特殊清掃の作業を行い、お部屋を綺麗にすることができました。 また、ご依頼者はお部屋の転売を希望されていたため、そちらのサポートも当社でおこなうことになりました。

東京都西東京市にてゴミ屋敷状態のお部屋の生前整理

「東京都西東京市にてゴミ屋敷状態のお部屋の生前整理」の事例では、ゴミ屋敷状態になってしまった自宅を生前整理したいという思いからのご依頼でした。最近では「終活」などの言葉の広まりから、生前整理のご依頼を受けることも増えています。高齢になってから荒れてしまったお部屋を片付けるのは難しいので、無理をせずプロに相談しましょう。

そもそもなぜゴミ屋敷になってしまうのか?

ゴミ屋敷になってしまう原因として、最もリスクが高いのが高齢化によるものです。ゴミ屋敷に住む8割が50代以上、特に70代以上が著しく多いというデータもあります。
参考:ゴミ屋敷居住者の8割は50歳以上!「超」高齢化が招く深刻な地域問題の現状とは?

心身の衰えや認知症の発症などによって、「部屋を片付ける」という行為そのものが難しくなってしまうためです。認知症というと「もの忘れ」を連想しがちですが、物事の手順がわからなくなる「実行機能障害」も代表的な症状のひとつです。これによって料理や洗濯、掃除といった日常的な家事をこなすことが困難になってしまうため、その結果として部屋が片付けられなくなってしまうのです。

また、心身の衰えから片付けや外出が億劫になったり、「人に迷惑をかけたくない」という思いから誰かに頼ることを避けてしまうことも原因としてあげられます。さらに貧しい時代を知っている高齢の方には「使えるものを捨てるのはもったいない」という価値観を持つ人も多いため、整理ができなくなると物が溢れてしまいやすいのです。

「あんなに綺麗好きだったのに…」と、ゴミ屋敷状態になってしまった実家を見てショックを受ける方も少なくないですが、ゴミ屋敷化してしまう可能性は本人の性格に関わらず、誰にでもあります。

また若者であっても、仕事のストレスや心身の不調をきっかけに、セルフネグレクト状態になるケースが増えています。

どちらにしても、1人暮らしの部屋がゴミ屋敷になってしまうことが圧倒的に多いため、もしも親族が遠方に住んでいる場合は、たまに連絡を取るなど注意を向けておいて欲しいと思います。

まとめ

ゴミ屋敷の遺品整理についてお伝えしてきましたが、ゴミ屋敷問題は意外と身近な問題であることがおわかりいただけたのではないでしょうか。実際、私たちのような遺品整理業者においては、ゴミ屋敷になってしまった家を目にすることは少なくありません。故人の家がゴミ屋敷化していたことがきっかけで、片付けを依頼できる業者を探す方が多くいらっしゃるためです。

ゴミ屋敷は恥ずかしいことだと思い、誰にも相談できずに悩まれてしまう方も多いのですが、実は誰にでも起こり得るトラブルです。抱え込まずにぜひ私たちプロにお任せいただけたらと思います。

この記事をシェアする

お問い合わせはこちら

お問い合わせ後に無理な売り込みをすることはありませんので、安心してご依頼ください。
また、どんなささいなことでも気になることがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。