甲府市にてご親族様の多くが立ち合いする遺品整理 | 故人と遺族を想い整理するロード

サイトマップ
遺品整理ロード メールはこちら

ロードの作業実績

福祉施設での遺品整理
福祉施設で他界されてしまう事は少なくありません。比較的に持ち込んだ家財道具は少量の場合が多いですが、やはり個人様が最後に使用していた物ですから粗末に扱う事は出来ませんよね。大抵の施設では、費用を負担すれば処分はしてくれますが、全部「ゴミ」として処分されます。
故人様が施設に入居されるときは、必要最低限しか持ってはいけません。なので施設に持って行かれた物は思い入れがあるものばかりです。写真であったり、絵画であったりそのまま捨てるには忍びないですよね。
当社では、施設でも個人宅でも行うサービスは同じです。もちろん合同供養も無料で行わせていただきます。
甲府市にてご親族様の多くが立ち合いする遺品整理
東京都
片付け前
片付け後
スタッフの経験値は豊富で信頼のおける業者です

今回は同業他社に遺品整理の見積依頼が来たのですが、お問い合わせのあった業者では対応エリアの範囲外であった為、「遺品整理の作業なら、まだ企業としては産声を上げたばかりですが、ロードならスタッフの経験値は豊富で信頼のおける業者です。」とご紹介していただき、弊社に見積依頼の電話がありました。

まず見積指定日に見積現場である甲府市内の介護施設へお伺いしました。
するとご親族様3人が見積に立ち合いされており、この施設からどこまで家財の搬出を求めていられるのかご遺族様へ質問させていただき、便利屋さんや不用品回業者と弊社のような専門業者が行う遺品整理サービスの違いや、他社の遺品整理業者と弊社の遺品整理サービスの違いなどを説明させていただき、ご依頼者様へご質問や不安なことが無いか?お尋ねしますと、「この部屋にある仏壇をどうすれば良いのか?困っている。」との相談内容でした。
「弊社では思い出のアルバムなど大量にあって、形見として持ち帰ることが出来ない場合や仏壇などを処分される場合は、そのまま処分することが忍びない物なので、無料で合同供養を承っております。」と説明しましたら、このサービスを受けることになりました。
部屋の家財の量を確認して、この場ですぐ見積金額を提示しましたら、弊社のサービスと見積金額に納得されて、成約に至りました。
なるべく急ぎで作業をしたいと言うご依頼者様の意向で、3日後に作業する運びとなりました。

今回の現場の概要
3日後に再び甲府市内へ2tトラック1台に3人のスタッフで行きました。
まずは現場に到着して玄関から部屋までの養生作業からスタートして、作業現場の部屋においてご親族様立ち合いの元で、作業における注意点などの最終確認(最終ミーティング)を行いました。私自身、以前の勤務先を含めて、自分が遺品整理の見積から成約に至り、遺品整理作業の現場責任者として関わった件数は優に1,000件を超えておりますが、見積は3人のご親族様で立ち合いされて、今回の作業では4人のご親族様が立ち合いされて、このように多くのご親族様が遺品整理に立ち合いされる光景は非常に少ない印象しかありません。
今回の作業現場はそれだけ故人の方を想う気持ちの強さが伝わってきます。今回の遺品整理の現場も多くのご親族様によってある程度は、貴重品、思い出の写真、手紙、通帳、カード類などは捜索しておりましたが、私たち遺品整理士も念入りに見落としがないか確認しながらの作業となります。
すると、何点か写真など見落としと思われる物がありましたので、貴重品ボックスに保管して、作業終了後にご依頼者様へ確認していただきました。

遺品整理の最後にはもちろん部屋の清掃も隅々まで綺麗にさせていただきました。

遺品整理前遺品整理後
作業後にご依頼者様より「これで少し気持ちがホッとしました。」と言っていただき、私たちスタッフも微力ながらご遺族様が故人を見送るサービスに役立っていただけたことを幸いに思います。