八王子市にて生活保護者の遺品整理 | 故人と遺族を想い整理するロード

サイトマップ
遺品整理ロード メールはこちら

ロードの作業実績

貴重品捜索の遺品整理
遺品整理作業、及び遺品搬出後の仕分け作業において貴重品と思われる品が見つかった場合にはご依頼主様に返却いたします。
八王子市にて生活保護者の遺品整理
東京都
出来るだけ料金も安く
出来るだけ料金も安く、さらに目が不自由で故人の遺品を何も確認できないため、単にゴミとして不用品処理する訳でなく、貴重品の捜索を重点的に行ってほしいとのご要望がございました。
その貴重品の中でも絶対に探し出してほしいものが「権利書」というご要望した。
今回の現場の概要
できるだけ急ぎで見積もりに来てほしいと言うご要望だった為、その日のうちに八王子市の戸建の現場へ向かいました。
現地へ到着しましたら、ご依頼者様は目が不自由で生活保護を受けているというご説明でした。
(弊社のホームページは目が見える親族に探していただいたそうです)
見つけ出した物リスト

「権利書」、アルバムなどの思い出の写真や手紙類、カード類、現金、通帳など

今回は相見積もりでした。生活保護者という点を考慮しまして、弊社は35万円の見積金額で提示させていただきましたが、他社は100万円の見積金額だったそうです。
双方の業者の見積金額に大きな開きがあり、最初はご依頼者様もかなり困惑しておりました。ご依頼者様の心配事は「見積金額が安い場合は仕事の質が悪いのではないか?」ということでしたが、他社の100万円という見積金額は相場よりも相当高く、その根拠を丁寧に説明した上で、弊社ではいつも貴重品捜索も手抜きなく遺品整理を行っていることを説明しましたら、最終的には信頼していただき、作業を任せていただく運びとなりました。作業当日になり、今回は約6時間の作業になる予定であることをご依頼者様へ伝えましたら、作業開始前と作業後に立ち合いを希望されました。

私と作業員2名は1階を代表と作業員1名に2階を任せて、運び出しの作業員2名を加えた合計7名の作業員で、約6時間かけて遺品整理を行いました。
ご依頼者様が非常に気にしていた「権利書」は、なかなか見つかりませんでしたが、作業も中盤になった頃、時間は3時間を経過した頃に、ようやく「権利書」が見つかり、私たちスタッフの間にも安堵感が漂いました。

アルバムなどの思い出の写真や手紙類、カード類、現金、通帳などは各部屋の担当者の貴重品ボックスへ保管して、作業終了後にご依頼者様へご入用な物はお持ち帰りいただきました。
その他の家財は基本的には処分してくださいとのご要望でした。家財を搬出する際に、本当に処分して良いものなのか、確認しながら作業させていただきました。

作業後にご依頼者様へ発見した権利書を手渡し、最終的には作業金額も作業内容も非常に満足していただき、ご依頼者様より感謝の言葉もいただき、スタッフ一同励みになり、今後もよりご依頼者様によい遺品整理プラン、よい対応を精進してまいりたいと思います。貴重なお言葉をいただき厚く御礼申し上げます。